最新記事一覧

直樹の旅

2022年12月号

毎年の事ですが、今年も「アッ」と言う間に12月ですね。
すごいですね、なぜ加速度的に速くなるんでしょうか?
と思っていましたら、なるほどと思える考え方を発見したので、お伝えします。
例えば4才の子供にとっての1年間は人生の1/4=25%を占める割合を持ちます。
ところが、60才の方にとっての1年間は同様の計算では1/60≒1.7%となります。
25÷1.7≒14.7、つまり4才の子供に比べて60才の大人の1年間は14.7速く感じられる!
ということです。
そしてこの計算では年齢が上がるほど早くなることも説明できます。
まあこの理論?が正しいかはとにかくですが、年々速く感じますよね、必ず。
私も来年は60才ですから、4才の時と比べて1年間が14分の1以下になってしまっているわけです。
恐ろしや、恐ろしや~。