最新記事一覧

介護

介護事業所の人手不足について

●質問
最近は人出不足と言われていますが、介護業界も人出不足です。
求人広告を依頼しても応募が全くなかったり、人材紹介では紹介報酬が高いので中々利用できません。
何かいい方法はあるのでしょうか。

●回答
介護業界だけでなく、経済活動の全てにおいて人出不足は続くでしょう。
求人は様々な手法を使うべきですが、人出不足のあまり選考が甘くなってモンスター社員のような人を採用しないようにも気を付けなければなりません。

●解説
今後の日本においては労働人口の減少から当分は求人難が続くでしょう。
AIやロボットなどで介護の仕事ができるようになるのは当分先と考えた方がいいでしょう。
そうすれば採用活動に熱心にならざるを得ませんが、労働人口が増えない中でお金をかけて採用活動しても、人材の取り合いになるだけですから、抜本的な解決にはなりません。
単に人を集めるのでなく、業務の見直しなどで解決できる方法も探しましょう。

例えば、掃除など介護職員でなくともできるのですから、シルバー人材の活用なども考えてみるべきでしょう。

あるいは、事務作業にも介護職員が携わっているかもしれません。
事務専任の方を雇用するか、効率的なソフトを採用して事務量そのものを減少させることも可能でしょう。
もちろん採用活動はすべきです。
無料のハローワーク、お試しシステムのある求人サイトなどは是非活用しましょう。
自社のHPがあるなら、ぜひHP上に求人欄を目立つように載せましょう。
求人に関しては人出が欲しいあまりに“誰でも”採用してしまい、その結果としてモンスター社員を招き入れ、その者のせいで全体のモチベーションが下がり、他の者の離職につながるという最悪の結果も有り得ます。

短期離職者、離職回数の多い者、離職理由に疑問点がある者などは要注意とするべきです。
介護業界は特に労働問題の発生率が高い業界です。
労使双方に問題があるのでしょうが、少なくとも不注意からさらなる人出不足を招かないようにしましょう。