事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:今回は前回に引き続き、『ボーナス』のお話しです。

今月のトピックス:今回は前回に引き続き、『ボーナス』のお話しです。

今回は前回に引き続き、『ボーナス』のお話しです。

前回は役員ボーナスでしたが、今回は従業員さんに対する決算ボーナスについて注意点をあげてみます。

会社が決算間近になって予想以上に利益が出て、急いで節税対策を考える際に『決算時未払いボーナス』という手があります。
例えば、8月31日が決算期日とします。

通常は、この8月の31日までに支払ったボーナスが経費になりますが、翌月末までに支払うなどの条件を満たせば、未払いボーナスでも経費にできる方法があります。

しかし、この条件の中で一番ハードルが高いのが「支給日に在籍する従業員にのみボーナスを支払う」制度は不可、という部分です。

つまり8月31日以前に退職していた従業員にも、キチンと計算してボーナスを払うことにしていなければなりません。

このような制度を持っている会社は少ないと思いますので、結果として決算未払いボーナスを経費にすることは、難しいことになります。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。