事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:平成29年1月1日から改正される育児・介護休業法のお話しをいたします。

今月のトピックス:平成29年1月1日から改正される育児・介護休業法のお話しをいたします。

今回は育児・介護休業法が平成29年1月1日から改正されるお話しをいたします。

今回の改正の目的は非正規労働者にも育児休暇が取得しやすいように、あるいは半日単位での介護休業が取れるようにする、など育児・介護休業の範囲を広げることです。

これは法律の改正ですから、会社に就業規則などがある場合には改正に合わせて規則の変更もするべきです。

変更しなくても法律の効果に影響しませんから、規則が正しくないということになり、会社運営上の問題になり得ます。

もちろん、規則が無い会社でも法律は適用されますから、従業員の方からこの育児・介護休業の申し出があれば休業をとってもらうことが必要になります。

改正のポイントは添付しておきますが、詳しく知りたい方は厚生労働省のHPに載っていますのでご参考にしてください。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。