事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:36協定についてお話いたします。

今月のトピックス:36協定についてお話いたします。

今回は36協定についてお話しいたします。

36協定、という言葉はご存知の方も多いと思います。

労働基準法の第36条に規定があるので一般に「サブロク協定」と言われている、従業員に残業をしてもらうためには必須の協定です。

そして、この36協定を労働基準監督署に所定の手続きに従って提出して初めて効力が認められます。

従業員を雇われている方で残業が1分1秒もない、ということは考えられませんから、必然的にこの協定の届け出が必要になります。

逆に言いますと、この届け出なしで残業があった場合はただちに労働基準法違反になる、ということです。

現状、中小企業ではこの届け出をしていない場合もよく見受けられます。

ただ、何かあった場合に届け出があるのと、無いのでは違いが現れてくるので、提出しておくことをお勧めします。

たった1枚の紙面ですが、いざというときの効果は絶大です。ご検討ください。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。