事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:マイナンバーについてお話いたします。

今月のトピックス:マイナンバーについてお話いたします。

今回はマイナンバーについてお話いたします。

マイナンバーの請求につきましては先日、お知らせしたとおりです。

特に、会社が個人に対して不動産使用料や士業の報酬を支払った場合には、ご面倒ですがマイナンバー収集が必要となります。

反対に、自分が不動産使用料を受け取った場合、つまり家賃や地代をもらった場合には、その賃貸契約が自分個人名義で、借主が会社の場合には、その会社からマイナンバーの請求があるはずです。

この場合には、マイナンバー(番号そのものです)と本人確認の書類を提示またはコピーを渡してあげましょう。

本人確認書類としては、マイナンバーカードであれば、それ1枚で結構です。

他には顔写真が入った公的機関の発行する身分証明書などです。例えば運転免許証やパスポートなどです。

マイナンバー通知カードには顔写真がありませんから、これ1枚で十分ではなく、別に顔写真入りの証明書が必要になります。

1度マイナンバーを渡せば、来年以降はその必要は無くなりますので、初回だけご面倒でも請求に応じていただきたいと思います。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。