事務所通信

トップ >  事務所通信 > 成年後見制度についてお話したいと思います。

成年後見制度についてお話したいと思います。

今回は、成年後見制度についてお話したいと思います。

これは昔の禁治産者・準禁治産者の制度が新しくなったのです。

成人した大人でも歳を重ねると判断能力が衰えてきたりします。

あるいは、認知症になったり、なんらかの事故で意思を伝えることが難しくなることもあります。

そのような場合に、この後見制度が利用されます。

成年後見制度は2つの制度からできています。法定後見制度と任意後見制度です。

法定後見は、ご本人の判断能力がすでに衰えている場合に家庭裁判所に申し立てることにより始まる制度です。

家庭裁判所が後見人を決めますので、本人の希望の人が後見人になるとは限りません。

任意後見制度は、ご本人に判断能力がある間に契約により後見をする仕組みを作っておく制度です。

後見人になる人と本人との間で契約により決めるので、希望どおりの人が後見人になります。

このような制度のことを知っていただくと、いつか役に立つことがあるかもしれません。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。