事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:「年金の併給調整」ということについてお話しいたします。

今月のトピックス:「年金の併給調整」ということについてお話しいたします。

今回は「年金の併給調整」ということについてお話しいたします。

年金の「併給調整」という制度にもいくつか種類があるのですが、今回は60歳以上で働いて給与をもらいつつ、年金ももらう場合の調整についてのお話しです。

簡単に言いますと、給与と年金の合計が一定額以上の場合に年金が一部または全部カットされる、という制度です。

年齢により65歳未満の場合と65歳以上に分かれます。

65歳未満では、給与と年金(それぞれ月額換算です)の合計額が28万円を超えると、その超えた金額の1/2の金額の年金がカットされるという仕組みになっています。

さらに合計額が47万円を超えると年金が全額カットになります。

65歳以上では、合計額が47万円を超えると、超えた金額の1/2がカットされます。

例えば、67歳で月給が30万円、年金が月額換算で20万円なら、30+20=50 50-47=3 3×1/2=1.5 つまり1万5,000円の年金がカットされて、月額で185,000円の年金になります。

せっかく払い続けた年金をやっともらえるようになったのに、カットされては勿体ないので工夫しなければならないところですね。

もっと詳しく言いますと、上の給与や年金の金額にも計算に含まれるもの、含まれないものがあり、他の細かい条件についても今回は省略しました。

具体的に知りたいとのことでありましたら、私に直接お尋ねください。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。