事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:今回は、前回のQRコード決済とも一部関連します。

今月のトピックス:今回は、前回のQRコード決済とも一部関連します。

今回は、前回のQRコード決済とも一部関連しますが、AIを活用する「前に」すべきことについてお話しさせていただきます。
最近はAIの活用について目にしない日がないくらいな感じがしますね。
実際、AIの活用は身近に体験できるようになっていますし、さらに直接感じられない部分にもAIが使われているケースもたくさんあるようです。
私達の事業経営においてもAIを使い効率化できる事柄はたくさんあります。
ただ、今回はそれ以前にもっと効率化できることがあることをお伝えしようと思います。
別に難しいことではありません。日頃の事業活動の中での無駄を省いていくだけです。
例えば、私が顧問先様の様子を見て感じることのひとつに、銀行取引が非効率なのではないか、ということがあります。
必要以上の口座があるばかりに、その残高を確認する手間、通帳そのものの管理の手間、資金移動の手間などが発生します。
これらの手間は少なくとも毎月起こることですから合計すると、かなりの時間をあまり生産的でないことに使っていると思われます。
また、このような場合に振込手数料がもったいないからと、いちいち割安な手数料を求めて口座間資金移動をすると、さらに時間がかかり、そして間違いが起こりやすくなります。
口座をまとめる、振り込みでなく自動振替を利用する、現金払いでなくカード払いに代えるなどをすれば、1回の手間で以後はずっと簡単で間違いが減ることになるはずです。
もちろん諸事情があり全ての最適化は無理かと思いますが、できることからすれば、それだけ無駄な時間は減るはずです。
AIなどを導入しなくても、すぐにできる効率化はたくさんあると思います。
売上が伸びないとか、人手が足りないとかの大きな悩みもありますが、小さな効率化も数を重ねれば事業経営にとって大きな変化をもたらす可能性があるのではないでしょうか。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。