事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:今回は電子マネー利用の決済についての優遇措置、についてお話しします。

今月のトピックス:今回は電子マネー利用の決済についての優遇措置、についてお話しします。

今回は電子マネー利用の決済についての優遇措置、についてお話しします。
簡単に言いますと、お店で買い物をする際にQRコードなどで買い物ができるようにすると、税金が安くなったり補助金がでるようになる、ということです。これは、お店側の優遇措置です。
電子マネーが使えるようにするためには、実際の店舗で、別途電子マネー対応のシステムを揃えなくてはなりませんし、その決済システムを運営する会社に手数料を払うことになります(カード会社に手数料を払うのと同様です)。ということは、手取りは現金払いに比べて当然少なくなります。
電子マネー決済を進めたい政府ですが、導入する方の店舗では金銭的な負担が大きく、中々進まないのが現状です。しかし、国際的に見て日本は電子マネーの普及が遅れていますし、今後のインバウンド経済にも影響します。
中国や韓国では、もはや現金決済はかなりの少数派になっています。
そこで、補助金や税金優遇措置を持ち出して、なんとか電子マネー決済を広めようというわけです。
確かに、世界的に見て現金決済は少なくなりつつありますから、いずれ日本もそうなるはずです。
ですから、優遇措置などが本当に実施されたら、それを使って電子マネー決済に取り組んでみるといいかもしれません。機器導入補助金や決済会社手数料を補てんする税額控除などが考えられているようです。
ちなみに電子マネーが普及すると、仮想通貨の方はメリットが少なくなりますね。
政府は、仮想通貨より電子マネーがお好みなのかもしれませんね。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。