事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:今回は、地震などで損害を受けた場合の税金の減免について、お話しさせていただきます。

今月のトピックス:今回は、地震などで損害を受けた場合の税金の減免について、お話しさせていただきます。

今回は、地震などで損害を受けた場合の税金の減免について、お話しさせていただきます。
この度の地震で家や家財などに損害を受けられた方もおられることでしょう。
このような場合について、税金面からは「災害減免法」と「雑損控除」の2つの救済措置があります。
このうち災害減免法は損害額が相当大きな場合
例えば家が半壊したとかでないと適用がありませんので
おそらく、ほぼ対象の方はおられないかと思います。
雑損控除は、もう少し規模の小さな損害でも対象になります。
ものすごく簡単に言いますと、損害額が所得の1/10以上なら適用できます。
給与収入が年間350万円の人なら、概ね23万円以上の損害があれば税金が安くなります。
ただ、保険金などを差し引いた損害額で判定しますから
実際に対象になる方は少ないかもしれませんね。
もちろん、対象にならない方がいいんですけどね。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。