事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:今回は「住⺠税の特別徴収」について、お話しさせていただきます。

今月のトピックス:今回は「住⺠税の特別徴収」について、お話しさせていただきます。

今回は「住⺠税の特別徴収」について、お話しさせていただきます。

お給料を支払っておられる事業所には、住⺠税の特別徴収納付書が届いていることと思います。

これまでも特別徴収の方法で住⺠税をおさめていた事業所は別にして始めてこの納付書をご覧になった方もおられることでしょう。

これは、これまで本人のところへ納付書が届けられていたものが今年から原則として事業所に納付書が届けられそこに印刷されてある⾦額の住⺠税を給与から天引きして事業所を通じて納付することになった、ということです。

この制度はこれまでもありましたが、今年から強制適用になりました。

ですので、特別徴収なんて知らないよ∼、という事業所にも送り付けられてきます。

そして、強制適用ですので、今後はこの方法で納付をすることになります。

ただ、強制適用にすることにより納付事業所の数と徴収の対象となる給与所得者の数も急に増えましたから
市役所の手続きに一部不備などもあるようです。

また、これまでは問題にならなかったような、住⺠票の住所と本当に住んでいる場所が異なるケースなどあらたに対応していかないとならない事柄も出てくることでしょう。

事業所としては、新たな事務負担が増えるので大変かと思いますが法で定められた義務ですし、前向きに取り組んでいきましょう。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。