事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:今回は『資金繰り改善』についてお話しさせていただきます。

今月のトピックス:今回は『資金繰り改善』についてお話しさせていただきます。

今回は『資金繰り改善』についてお話しさせていただきます。

 

皆さまは、「黒字倒産」とか「勘定合って銭足らず」とかいう言葉を聞かれたことはあるでしょうか。どちらも、帳面上の利益は出ているが、実際にはお金がない、という状態を表す言葉です。
確かにいくら「利益」が出ているといっても手元にお金がなければ経営は成り立ちません。そして、この「利益」と「お金」の相違というのは、ほぼ確実にどの会社でも起こります。
これら資金繰りが苦しい状況に対する手段としては、会社内部で出来ることと、会社外からの手段で対応することの両方があります。

 

内部でできることとして、不良在庫の削減、売掛サイトの短縮・買掛サイトの延長などがあります。外部からの方法としては、増資による資金注入、金融機関からの借入などが考えられます。
これらの中でも金融機関借入は、金額も大きく即効性もあるので有効な手段です。もちろん、借入はいつでもできるわけではありません。
借り手の都合と、貸し手の都合は一致しないことも多いからです。
雨の日には傘を貸さない、のが金融機関といいますから、いざという際に期待していたらダメだったという事にもなりかねません。
絶対に借りられる、などという方法はありませんが、できるだけ高い確率で借り入れし資金繰りを改善させる方法はあります。
ただし、この方法は急にはできません。日ごろからの対応策が重要になります。

 

資金繰り改善にご興味がある方につきましては、積極的に取り組みますのでお知らせください。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。