事務所通信

トップ >  事務所通信 > 今月のトピックス:4月1日から施行される『無期雇用転換ルール』について

今月のトピックス:4月1日から施行される『無期雇用転換ルール』について

今回は、今年の4月1日から施行される『無期雇用転換ルール』について、お話しいたします。

 

『無期雇用転換ルール』とは簡単に言いますと、有期雇用(1年間期間限定の雇用契約などです)の期間が5年を超える場合には、その従業員の方からの申し出があれば、その後は有期雇用契約ではなく、無期(つまり定年まで)の雇用契約にしなければならない、というものです。

よくあるパターンでは、1年契約のパートさんで、毎年更新をして5年を超えた場合が考えられます。無期契約になるとはいえ、正社員さんとして雇わなくてはいけない、ということではありません。

期間以外は今までと同じでもいいわけです。

とはいえ、これまでと違った雇用タイプの人になるわけですから、新しいルールが必要になるはずです。

新たに雇用契約を結ぶか、就業規則などで決めることになると思います。自社で、このような方が働いておられる場合には、ご注意下さい。

税理士・社労士・行政書士をお探しの法人様・個人様。ぜひ、お手伝いさせてください。